海外旅行

【ベトナム】世界遺産ハロン湾日帰り観光した感想

景勝地として有名なベトナムの世界遺産ハロン湾

その有名な風景は一度は見たことがあるはず。

テレビやガイドブックで見てきた景色を自分の目で見てみたかったのでベトナム旅行中に見に行ってきました。

今回はボクが体験したハロン湾日帰りツアーについて紹介します。
結論としては、日帰りじゃなくて泊まりの方が良いです。

ハロン湾観光あれこれ

フエ滞在中に宿泊していたホテル(サニーAホテル)でハロン湾日帰りツアーに申し込みました。
そのツアー内容について紹介します。

アクセス

ハノイ市内からバスでハロン湾のクルーズ船乗り場まで移動します。
だいたいハノイで泊まるホテルまでツアーバスが迎えにきてくれます。

ボクはツアーを申し込んだ時点でハノイの宿を決めていなかったので、指定された場所でバスにピックアップしてもらいました。

 

ハノイ市内からハロン湾クルーズ船乗り場までは、約4時間のバス旅

単純な所要時間だと3時間くらいなんですけど、ツアー参加者のピックアップがあるのでどうしても時間がかかりました。

“ナオ”
“ナオ”

朝早い出発なのと目的地まで途中休憩もないので飲み物や簡単な朝ごはんを用意しておくのがいいですよ。

クルーズ船乗り場に到着すると、船の出船まで時間があったのでつかの間の自由時間がありました。
この時間を利用してご飯を食べる人がけっこういました。
(ボクは節約のため我慢してました。)

クルーズ船で船酔いしないかを心配する人をよく見かけますが、ある程度大きな船なので船酔いの心配はないと思います。

“ナオ”
“ナオ”

乗り物酔いしやすい自分での大丈夫でした。心配な方は酔い止めを用意しておけば安心ですね。

見どころ

見どころ紹介の前に、ハロン湾がどんな場所なのかを簡単に説明します。

伝説によると、ベトナムに外敵が侵攻してきたとき、龍の親子が現れて敵を倒したそうな。
その時に龍が吐いた宝石が奇岩に姿を変えて今のハロン湾の景観ができたそうです。
ハロンという地名は、ハ(=降りる)ロン(=龍)という意味が込められているそうですよ。

龍の伝説が残る奇岩群の景観は幻想的でまるで水墨画の世界のよう。
その美しい景観から海の桂林と呼ばれています。

ニョキニョキとはえる奇岩が桂林みたいですね。

 

見どころは(もうお分かりだと思いますが)何と言っても、奇岩群の景観です。

奇岩はひとつひとつ異なる形状で鳥や象など動物に似た形のものもあります。写真を撮るのもいいんですけど、スケッチするのも面白そうですよ。

朝日や夕日を受けてくっきりとしたり、薄暗い間には霞がかったりと、奇岩群の姿は時間帯と天候で様変わりします。

“ナオ”
“ナオ”

時間が許すのであればゆっくりと移りゆく景観を楽しみたいですね。

実際に岩島に上陸すると鍾乳洞探検ができます。
海から見る奇岩の景観とは違った神秘的な世界を楽しむことができますよ。

他にもシーカヤックで湾内を自由に見て回ったり、湾内のビーチで泳いだりすることもできます。

ハロン湾観光といったら、その景観を楽しむだけ(それだけでも十分なんですけどね。)かと思いがちですが、
実は奇岩群の景観以外にも楽しむポイントが多いんですよね。

ツアーの日数によって周遊コースや体験できるアクティビティーが異なるので、ハロン湾で何を楽しみたいのかを決めておくと自分に最適なツアー日数を決めることができますよ。

無計画なボクはとりあえずハロン湾見に行こうくらいの気持ちで日帰りツアーにしたので、時間とともに移りゆく景観を満喫できず正直後悔しました。

ハロン湾をちゃんと楽しみたいのなら泊まりのツアーに参加するのが無難です。

ワンデーツアーに参加してみた!

ボクが参加したワンデーツアーの内容を紹介します。

おそらく日帰りツアーのほとんどが同じような内容だと思うのでツアーを選ぶ際の参考にしてください。

ツアー内容は

  • ハロン湾クルーズ
  • 湾上の漁村訪問
  • シーカヤック体験
  • 鍾乳洞探検

です。

ハロン湾クルーズ

奇岩群の景観を楽しむクルーズです。
有名な奇岩についてガイドが説明してくれます。

鳥が威嚇しあってるように見える闘鶏岩やゴリラに見えるゴリラ岩、20万ドン札に描かれている岩など見て回りました。

闘鶏岩。向かい合ってる鳥みたい。

 

ゴリラ岩。確かにゴリラのシルエットです。

 

20万ドン札の岩。定番の撮り方ですね。

 

どの写真もボケちゃっててすみません。天候も悪くて残念なコンディションでした。

有名な奇岩には他のクルーズ船も集まってくるのでベスポジで見ることができるかはその時どきによります。

漁村訪問

中央の船が集まっている場所が海上で暮らす人の住まいです。

 

ハロン湾の岩島のほとんどが無人島なんですけど、湾上で暮らす人々がいます。
そんな人たちの生活を覗きに行きました。
観光地化していてそこまで感動することはありませんでした。

シーカヤック体験

漁村からシーカヤックに乗って湾内を好き勝手探検できます。
湾内を自由に見て回れるのは冒険心がくすぐられました。

生まれた初めてシーカヤックに乗ったんですけど、意外となんとかなるもんです。
クルーズ船ではいけない狭い場所や洞窟を見ることができるので満足でした。

こんなところにも行けちゃいます!

 

シーカヤックの乗り降りや乱暴な操縦をすると濡れてしまうので注意が必要です。

鍾乳洞探検

岩島に上陸して鍾乳洞内を散策します。
カラフルにライトアップされた鍾乳洞は綺麗なんですけど、若干作られた感がしてうーんって感じでした。
(フエにいた時フォンニャ洞窟の鍾乳洞を見てきてたのでそこまで感動しなかったのかも。)

なんかケバいですよね(笑)

 

ワンデーツアーどうだった?

ワンデーツアーは、時間の都合上どうしても急ぎ足で観光しないといけないので忙しない印象でした。

特にワロン湾の景観をゆっくり楽しめなっかたのが残念。

サンセットや夜景など移りゆく景色を楽しめないのは本当にもったい無いなと後悔してます。

鍾乳洞もゆっくり散策って感じでなくて常に歩きながら見て回るのでけっこう疲れます。
ガイドから離れると鍾乳石の説明も聞けないのでよく分かんないまま歩き回る感じになっちゃいます。

シーカヤックは個人的には大満足でした。
奇岩を間近でじっくりと見ることができるので可能であればぜひ体験した方がいいです。

“ナオ”
“ナオ”

急いで観光したので帰りのバスは爆睡でした。
体力的にも大変なので泊まりのツアーがいいのかなと思います。

ハロン湾がどんな場所なのかとりあえず体験したい人は日帰りツアーでもいいのかもしれませんね。

ガイドも言われましたが、ちゃんと観光するなら泊まりが必須です。
じっくりとハロン湾観光をしたい人は泊まりのツアーをオススメします。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ハロン湾は景勝地の名にふさわしい素晴らしい景色でした。
あいにくボクが言った時は天候に恵まれなかったので、晴れた時にまた訪れたいと思います。
またシーカヤックに乗りたいな。

ハロン湾がっかりしたという意見も見受けられますが、がっかりした人はたぶん日帰りツアーに参加した方が多いのかと思います。

“ナオ”
“ナオ”

忙しなく進むツアー内容に往復8時間の移動。
これで天候に恵まれなかったり、ガイドの説明が不十分だったりしたら低評価になるのもわかります。

ボクが参加したツアーのガイドは気さくな方で、バスの車内でもトークで笑いをとったり、ハロン湾観光の案内はもちろんハノイ市内のオススメのレストランを教えてくれたりとすごくいい人でした。
ボクのハロン湾観光の印象が良いのも彼のおかげかもしれません。
ツアーを選ぶ際はガイドも気にしてみるといいかもです。

今回クルーズ船の情報がほとんどお伝えできずゴメンなさい。
(記憶があいまいで写真とか資料ぜんぜん残してませんでした。)
クルーズ船はツアー内容でグレードが全然違うのでツアー選びの際はクルーズ船の仕様も合わせてチェックしてみてください。

今回の記事があなたのハロン湾観光に役立ったら嬉しいです。
ツアー内容をしっかり検討してハロン湾観光を思いっきり楽しんでください。