旅のあれこれ

ビザって必要?ビザのことあれこれ

外国を訪れず際に必要となるもの。

それはビザです。

今日ではビザを必要としないで入国できるケースが多いので普段あまり意識することはありません。

しかし準備する必要がある国ももちろんあります。

今回は意外と知らないビザについて紹介します

※観光目的の人を対象としています。就労ビザなどには触れていません。

ビザ(イメージ)

ビザ(査証)とは?

ビザとは、国家が他国民に対して、その人のパスポートが有効で、かつ入国させても問題ないよと示す証書です。

犯罪歴などチェックされ、不適格と判断されると発行されません。

パスポートにスタンプされたビザ(イメージ)

つまりビザがない場合は、

あなたを入国させることなんてできません。

と言われている状態と変わりないのです。

そしたらなぜ、多くの国ではビザがなくても入国できるのでしょうか?

ビザは多くの国では、「入国を保証する証書」というよりも、

「入国申請に必要な書類」として扱われており、

一定の条件内であれば免除されるケースが多いからです。

どのようなケースかというと

  • 仕事でなく観光目的の滞在
  • 短期間の滞在

などです。

“ナオ”
“ナオ”

ビザが免除されるだけで、入国申請(イミグレーションでの手続き)は必要ですよ!

ビザの申請方法

申請に必要なもの

一般的には

  • パスポート
  • 申請書類
  • 証明写真

が必要です。

国によっては申請に必要なものが異なるので予め確認するようにしてください。

事前にビザを申請する

ビザを手に入れるためには、大使館や領事館で発行申請をします。

原則在外公館ならどこでも発行されるので、旅行中に訪問予定国の隣国にある在外公館を訪れるケースは多くあります。

“ナオ”
“ナオ”

インドのビザをカトマンズ(ネパール)で手に入れたり、タイのビザをペナン島(マレーシア)で手に入れるのはこのパターンですね。

旅行者の居住国でのみ受給を行う国もあるので気をつけてください!

またビザの受付を民間に委託する国もあり、ビザ申請センターという名前を使うケースが多いです。

(委託しているのは受付のみで、審査や発行は大使館で行われます。)

わざわざ大使館まで足を運ぶの面倒だなって人も大丈夫です!

オンラインや郵送でビザ申請できる国がほとんどです。

簡単にできるので出国前にビザを準備する際はオンライン申請を活用してください。

審査から発行までかかる費用や日数は国により異なりますので要チェックです!

早めに申請すると割引とか特別料金払うと早く発行するよとか違いがいろいろありますよ。

(全て無料でやってくれる国もあります。)

入国直前にビザ申請する

アライバルビザといって、国よってイミグレーション(付近)で即時発行してくれる場合があります。

イミグレーション(イメージ)

便利だから事前に申請しなくていいじゃん!と思いますが、

アライバルの場合、

特別料金が上乗せされたり、有効期間の短いビザのみの発行であったりと制限がある

ので注意してください。

“ナオ”
“ナオ”

アライバルビザに制限があるのは外国人労働者の不法就労を防止する狙いがあるようです。

ビザにまつわるトラブルエピソード

初めてのインド旅行での体験です。

タイからインドに入国する際ボクはインドビザを持っていませんでした。

時間がなかったのと、アライバルでいいやと思っていたので事前に準備しませんでした。

インドのイミグレーションでアライバルビザを申請したら、まさかの発行できないという返事をされ頭の中が真っ白になりました。

理由はボクが復路の航空券を持ってなかったから。

インドに入国した後、いずれは南へ下ってスリランカへ向かう予定でした。

その際はフェリーがあるだろうと考えていたので出国用の航空券を用意してなかったのです。

(ボクが旅行していた当時、スリランカへのフェリーは運行しているのか定かでなく、とりあえず現地に行って確認してみようくらいの感覚でした笑)

グーグルマップで調べたら出てきたフェリーでの行き方です。
あくまで参考程度に。

 

ポケットWi-Fiとかも持ち合わせてなく、空港のWi-Fiも使えずで八方塞がりでした。

どうすることもできないので、イミグレの職員にパソコン使わせろと言って、彼らのパソコンから航空券の購入を試みますがそれもうまくいかず。

「あー、ボクのインド旅はここで終わったー」なんて半ばヤケになっていると、

「どこまで行くんだ?」と見かねた職員が声をかけてくれました。

目的地を伝えると、航空券買ってきてやるから金をよこせと言われ、こんだけあれば買えるだろって金額を託しました。

しばらくすると航空券を持って帰ってきました。

「インドを楽しめよ。」と一言残して去っていく彼に感謝しました。

が、手数料として航空券代のおつりガッツリ取られているのに気づき、これがインドかと入国する前からインドの洗礼を受けたような気になりました。

航空券持ってないボクが悪いんですけどね。

長いエピソードになりましたが、

思わぬトラブルが起きるからビザはアライバルではなくできる限り事前に用意したほうがいい

ということを伝えたかったのでした。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました!

海外旅行に必要なもの、ビザについて紹介しました。

旅行はできる限り問題なく楽しみたいですよね。

事前の準備を怠ったがため、旅行が台無しになるなんてことがないよう、ビザの有無は確実にチェックしてくださいね!

ビザの準備は事前に、早めの申請が大切ですよ!