旅行記レビュー

『アルケミスト』レビュー

星の王子さまと双璧をなす物語といえば?

いろいろ意見があると思いますがボクはアルケミストをあげます。

どちらの作品も世界中でベストセラーになっている名作なんですよ。

星の王子さまは知ってるけど、アルケミスト?なにそれ?って人も多いはず。

今回は『アルケミスト 夢を旅した少年』のレビューをお伝えします。

今回紹介する本はこちらです。

 

“ナオ”
“ナオ”

『アルケミスト 夢を旅した少年』のレビューは

です。

レビューの詳細は続きをご覧ください。

アルケミストとは?

羊飼いの少年が旅の中でさまざまな人たちとの出会いや別れ、錬金術師の導きによって人生の知恵を学んでいく物語です。

(羊飼いの少年の旅について書いていますが、旅行記って内容ではないので勘違いのないよう注意してください。)

日本だとあまり馴染みのないタイトルだと思いますが、81ヶ国語で翻訳され世界中で読まれている大ベストセラー小説なんですよ。

あのカルロスゴーンも愛読してたとか。

“ナオ”
“ナオ”

このブログでもレビューを書いた『アースジプシー』にも登場しています。

アルケミストとは錬金術師のことです。ちなみに主人公が錬金術師ってわけではありません。

アルケミストという言葉のイメージ通り、この作品は幻想的な設定や出来事が多く、ファンタジーな要素が強いのが特徴。

アースジプシーみたいな、スピリチュアルな感じが好きな人はきっとハマります。

人生の知恵を学んでいく物語と紹介しましたが、この物語では少年が体験するファンタジーな出来事が、人生をより良く生きるためのヒントを伝える寓話のような役割を果たしています。

例えば、

「何かを強く望めば宇宙の全てが協力して実現するように助けてくれる」

「前兆に従うこと」

こんな感じのヒントが各所に登場しています。

この文章だけ読んでも、??って感じですがストーリーを追っていればその意味がしっくりくると思います。

個人的には、アルケミストに登場するメッセージは、前向きに、自分らしく生きるためのヒントって感じがしました。

自分のやりたいことだったり仕事のことで今のままでいいのか悩んでいる人はぜひ読んで欲しい一冊。

きっと勇気をもらえますよ。

この本が気になったら!

 

アルケミストを読んだ感想

実際にアルケミストを読んだ感想です。

示唆に富むヒントは読んでて楽しい。

 

前兆に従うなど、自分の人生をより良く生きるためのヒントは必ずしもわかりやすいものばかりではありません。

でも良いこと言ってるなって感じる文章がたくさん出てきます。

そういった文章を読んでると、ストーリーを追いながら自分のことを考えてたりするんですよね。

あの時素直に〇〇してたら変わったのかなーとか。

本を読みながら自分と向き合ってるような感覚がありました。

だからこそ決断とか悩みがある人に読んで欲しい本なんですよね。

スピリチュアルな内容は好き嫌いが分かれるかも。

 

実際の話ではないんでファンタジーな要素があるのは全然いいんですけど、作中に登場する自分の人生をより良く生きるヒントはスピリチュアルな感じが強いです。

データに基づいたアドバイスとかではない感覚的なヒントはそーゆうのが得意じゃない人は内容にはまれないかも。

“ナオ”
“ナオ”

まあ、物語だからって割り切って読めれば関係ないんですけどね。

この作品にハマれるかの一つの目安は、アースジプシーを楽しく読めるかどうかだと勝手に思ってます。

合わせて読んでみてもいいかももしれませんね。

スピリチュアルな旅行本 『EARTH GYPSY -はじまりの物語-』 レビュー突然ですがあなたは最近わくわくすることってありましたか? 毎日代わり映えのしない日々を過ごしていると、なにもかもが退屈で自分の見て...

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました。

『アルケミスト 夢を旅した少年』のレビューは

です。

良いところ

  • 人生をより良く生きるためのヒントは良いこと言ってます。

悪いところ

  • スピリチュアルな感じが好き嫌い分かれる

アルケミストは子どもに読ませるには難しいけど、一緒に読みたい本です。

示唆に富む人生についてのヒントを息子と考えながら読んで、彼の今後に役立てたいなんて思いました。

ネタバレになっちゃうんですけど、少年が夢で見た宝物は実は身近にあったというのも個人的に好きなんですよねー。

大切なものは近くにあって、だけど気づきにくい。みたいな。

いろいろと考えさせられることの多い一冊でした。

まだ読んだことのない人はぜひ一度読んでみてください。

今回紹介した本はこちらです。