海外旅行

世界遺産タージマハル!その紹介と見てきた感想

世界遺産。

その言葉に弱いのはボクだけでしょうか?

旅先で世界遺産を見つけるとできる限り足を運んで見てきました(笑)

今回はインドの有名な世界遺産

タージマハル

を紹介します!

タージマハルとは?

 


中学・高校の歴史や地理の授業で一度は見たことがありますよね。

タージマハルとは

ムガル帝国の第5代君主シャー・ジャハーンが愛する妻ムムターズ・マハルのために建てた霊廟です。

“ナオ”
“ナオ”

その美しい佇まいからお墓ではなく、宮殿かと思っちゃいますよね。

 

出産が原因で亡くなった妻は遺言で後世に残るお墓を望んだそうな。

愛する妻の死によって深い悲しみに暮れたシャー・ジャハーンはその願いを叶えるべく、霊廟の建設を始めました。

総大理石の霊廟はインド・イスラーム文化を代表する建築物です。

精巧で美しい模様はイスラムならではです。

 


タージマハルという名は霊廟に眠るムムターズ・マハルの名に由来するという説があります。

ムムが消えてターズがインド風の発音になったとか。

 

シャー・ジャハーンはタージマハルと対をなす自身の霊廟を建てようとしましたが、

息子で第6代君主アウラングゼーブによって幽閉されてしまいその願いは叶うことはありませんでした。

“ナオ”
“ナオ”

シャー・ジャハーンはヤムナー川を挟んだ対岸に黒大理石でできた自身の霊廟を建てようとしました。

国を傾けるほどお金を使われるのは勘弁してほしいところですが

とてもロマンチックですよね。

晩年のシャー・ジャハーンは幽閉されたお城からタージマハルを眺めて過ごしたそうです。

自身の廟を建てることは叶いませんでしたが、シャー・ジャハーンはタージマハルで愛するムムターズ・マハルと一緒に眠っています。

タージマハルへのアクセス

タージマハルがあるアーグラへは鉄道の移動が一般的です。


ニューデリー駅からアーグラ・カント駅へ。

列車の種別によりますが、所要時間は2〜4時間ほどです。

アーグラ・カント駅からタージマハルまでは距離があるのでリキシャを使いましょう。

“ナオ”
“ナオ”

デリーから車で向かうツアーもありますよ!

列車の移動が心配な方は考えてみてください。

タージマハル観光ツアーを探す
インド旅行のオプショナルツアーVELTRA

 

タージマハルへ行ってみた!

チケットを買っていざタージマハルへ!

外国人価格とインド人価格でだいぶ差があるのが悔しいところです。

(外国人は1000ルピーでインド人は20ルピー。2018年にまた値上がりしたとか。)

 

タージマハルの入場口は東と南、西の3箇所あります。

環境に配慮して、東西の入場口へはリキシャで行くことができません。

入場口へは近くの駐車場から出ている電気自動車に乗り換えるか歩いて向かいましょう。

タージマハルに入る前にセキュリティーチェックがあるのでここでバックパックを預けました。

“ナオ”
“ナオ”

手荷物検査があるので持ち物は少なめがいいですよ。

この門をくぐるとタージマハルはすぐそこです、、!

 

メインゲートを通ると目の前にはタージマハルの美しい姿が、、!

左右対称の風景はまるで絵画のようです。


美しい霊廟と鮮やかな庭園。

写真と変わらない景色がそこにはありました。

“ナオ”
“ナオ”

正直な話、

門をくぐってタージマハルが見えた時が1番盛り上がった瞬間

でした。

しばらくすると直ぐにタージマハルを見慣れてしまい最初のような感動はなくなってしまいました(笑)

とにかく観光客で混み合ってます。写真を撮るなら人が少ない朝一に行くのがいいですよ!

ベタですけど、一緒に行った人とこんな写真撮ったりしてました(笑)

アーグラまで一緒に旅行した方との一枚。
この後バラナシで再び再会しました。


霊廟に入る際は靴を脱がなければいけません。

また霊廟内の撮影は禁止されています。

タージマハルの裏手に流れるのはヤムナー川。

対岸にはマターブ・バーグという庭園があり、そこからタージマハルの全景を眺めることができます。

夕日に染まるタージマハルは美しいですよ!

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました!

インドの世界遺産、タージマハルを紹介しました。

実際に行ってみて思ったことは

タージマハルだけだとすぐ観光が終わっちゃうということ。

1番盛り上がった瞬間がファーストビューでしたからね(笑)

移動の途中でタージマハルに立ち寄ったり

アグラに滞在するなら

アグラ城など他の観光スポットにも足も運ぶのがベターです!

最後に細かい注意点を紹介します。

  • タージマハルは金曜日はお休みなので訪れる際は注意してください。
  • 開園時間が日の出〜日の入りまでとザックリしてます。(南門のみ8:30〜16:30)

その他詳細はこちらから確認してみてください。

タージマハル公式ページ

歴史の教科書などで見たことはあるタージマハル。

一度は自分の目で見てみたいですよね。

タージマハルについての歴史を知っているとより観光を楽しめるので調べておくといいですよ。

インド屈指の世界遺産をぜひ楽しんできてください!