旅行記

世界一周を熱く伝える本『僕らの人生を変えた世界一周』を読んでみた

世界一周
誰でも一度はやってみたいと思いますよね。
その魅力的で刺激的な旅は私たちを惹きつけてやみません。

僕らの人生を変えた世界一周』はそんな世界一周をテーマにした一冊です。

この本を読んだらきっとあなたも世界一周したくなるはず。

世界一周旅行の魅力を伝える本、『僕らの人生を変えた世界一周』の紹介と読書感想をお伝えします。

今回紹介する本はこちらです。

 

心揺さぶられるストーリー。旅人たちそれぞれの世界一周

この本の構成は世界一周旅行をした旅行者たちがそれぞれの世界一周について語るというもの。

自分たちの言葉で伝えられる内容は決してキレイな文章でないかもしれませんが彼ら彼女らの言葉は心に響くものがあります。

それは旅行者たちの境遇と自分の境遇とが重なるから。

本著では15人の旅人たちのエピソードが収録されています。

彼らはどんな人たちなのかというと

  • ひきこもりの大学生
  • 仕事に追われるサラリーマン
  • ハネムーンをする夫婦
  • 家族との時間のため旅に出るお父さん

などなど。旅人たちの身の上はみなバラバラです。

多種多様な彼らの中にはきっと自分の境遇と重なる人がいることでしょう。
そんな自分と似たような境遇の彼らが語る言葉はまるで自分のことを説明されているようで心に刺さります。

個人的にグッときたのは、
YouTubeをみてばっかりのひきこもり
家族との時間を顧みれなかった父親
の話です。

ひきこもり大学生が自分を変えるために世界一周の旅に出た話は、大学生時代の自分と重なりました。

“ナオ”
“ナオ”

ボクも代わり映えのしない毎日を変えようとバックパッカー旅に出かけました。

退屈なのは自分で壁作ってるからで外には刺激的な世界があること。
そこに一歩踏み出すことで日常は変わることを改めて思い出せました。
読んでいて感情が高ぶってきて目頭が熱くなりました。

 

家族で世界一周に出た父親の話は、今の自分に活力をくれた話です。

就職して、家族ができたからバックパック旅行や世界一周はもうできないなと諦めていたんですけど、同じような境遇でも旅に出た彼の話は、限界なんて自分で勝手に作ったものだと教えてくれました。

旅は若いうちに一人でしないといけないなんてルールなんてないし、世界一周を諦める必要なんてどこにもない。

家族とともに世界一周した人はいるんだから自分にもできないわけがないと勇気とやる気をもらえました。

“ナオ”
“ナオ”

どちらの話もボクの旅行熱を高めてくれました。
また旅に出られるよう本気になるぞ!(勝手な決意表明)

他にもグッときた旅人のエピソードはあるのですが今回は印象的なエピソードを2つの紹介にとどめておきます。

きっとあなたの感情を揺さぶる印象的な旅人が見つかるはずです。
ぜひ旅人たちの世界一周を読んで熱くなってみてください。

旅立ちを迷うあなたの力になる。世界一周なんでもハウツー

旅人たちそれぞれの世界一周とあわせて本著では世界一周をするための準備についても触れています。例えば

  • 旅の資金はいくら準備するか
  • 航空券はどうしたのか
  • 学校や仕事はどうしたのか
  • 帰国後のプランはあらかじめ持っていたか

など旅をする上で気になる疑問について旅行者たちはどうしていたか紹介しています。

加えて出発までにするべきことも紹介されていて、
世界一周旅行をするための実用的な情報が十分に掲載されています。

中には「このアドバイスってどうゆう意味?(笑)」みたいなものもあって面白いです。

“ナオ”
“ナオ”

長期で旅行してるとボクたちには想像もつかないような境地にたどり着くのかな?(笑)

とにかく、実際に旅行してきた人のアドバイスは貴重ですよね。

実用的な情報とアドバイスの他に、旅行者たちのみやげ話が掲載されています。

旅の中でなんで?とツッコミたくなった出来事や良くも悪くも考えさせられたことについてなど旅の様子を思い起こさせてくれるエピソードは1つひとつが短い文章なんですけど読み応え十分です。

世界一周に関係ない話は載せない。ここあるのは世界一周するための情報だけ。
純度100%の世界一周本という印象を受けました。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ボクたちは何かする時は無意識にやらない理由を考えがちです。
世界一周も危なそうとか大変だからと行かない理由を思い浮かべる人が多いと思います。

この本は私たちの気持ちを煽ったり、高ぶらせてくれるメッセージが盛りだくさんで読み進めるほどに旅をするメンタルが出来上がってきます。

最後には実用的なアドバイスが待ち構えていて読み終わる頃には世界一周する気満々になるような仕様になってる本だなと思わずにいられませんでした(笑)

とにかくメッセージ性が強くて訴えかけてくる本です。

読んだら本当に人生が変わるかも。

興味のある人、変わりたい人はぜひ読んでみてください。

今回紹介した本はこちらです。