海外旅行

青に魅せられる!東西のブルーシティー!

風光明媚な景色や美しい街並み。

世界には目を見張る風景がたくさん存在します。

今日は美しい青色に染まった

ブルーシティー

を紹介します。

東のブルーシティー『ジョードプル』

ジョードプルとは?


インド北西部の街、ジョードプル

タール砂漠の入り口の街で隊商貿易の要地として栄えていました。

ジョードプルの旧市街は家屋の壁が青色に塗られており

ブルーシティー

の愛称で親しまれています。

砂漠の青い街。ロマンチックですね〜。

旧市街を彩る青色は害虫駆除のために塗った塗料が変色して誕生したそうです。

“ナオ”
“ナオ”

もともとはライムのような色味だったそうな。

ジョードプルは

人気漫画「ONE PIECE」に登場するアラバスタのモデルになった街

とも言われています!


有名な観光スポット、メヘランガール城砦や市内の時計台は作中に登場する舞台のモデルなのではと言われていますよ。

メヘランガール城砦
アルバーナ宮殿にそっくりですね。

 

市内の時計台
クロコダイルが爆弾を仕掛けた時計台とそっくりです!

アクセス

飛行機

ジョードプル空港にはインド国内線がデリーやムンバイなど10都市から就航しています。
(参照:FlyTeam

ニューデリーからのフライト所要時間は1時間程度です。


空港から市内へはタクシーで約20分ほどです。

鉄道・バス

ニューデリーからジョードプルへは平均11時間ほどかかります。


鉄道での移動は長時間になるので寝台を予約するのが良さそうですね。

鉄道の予約は長時間列に並んでも満席で席がなかったり、停電が起きて購入できなかったりと嫌な思い出しかないのですが、

現在では

IRCTCcleartripでネット予約できるそうです。

(ボクが知らなかっただけかも?)

インド鉄道のネット予約についてはこちらのブログが詳しく紹介してます。
ぜひ参考にしてみてください。
5STARTRAVELER

一度は泊まりたいホテル『ウメイド バワン パレス』

ジョードプルを訪れたらぜひ泊まりホテルがあります。

その名は『ウメイド バワン パレス』

マハラジャの宮殿『ウメイド バワン パレス』

(参照:トリップアドバイザー)

マハラジャという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

マハラジャとは地方領主のことです。

ジョードプルにはマハラジャの宮殿があり、観光地となっています。

ただの観光地ではなく、なんとマハラジャの宮殿はホテルとして営業しています!

そのホテルこそウメイド バワン パレスなのです。

トリップアドバイザーが毎年発表する、

「トラベラーズチョイス」のベストホテル部門で世界1位

になったこともあるすごいホテルなんです!

“ナオ”
“ナオ”

マハラジャは現在も宮殿に住んでいるんですよ!

最高峰のサービスに豪華な宮殿。

一度でいいから宿泊してみたいものです。

西のブルーシティー『シャウエン』

シャウエンとは?


モロッコ北部の街、シャウエン

リフ山脈の奥深くにあるこの街の旧市街もジョードプルと同じく家屋が青色に塗られています。

一言青色と言っても淡い水色から深い青色まで多彩な青で染められており、

その様子からおとぎの国と絶賛されています。

シャウエンの街並み

(参照:4travel.jp sikokiさんの旅行記

青色が可愛いですよね。


淡い青に濃い青。
色々な青で彩られています。


「おとぎの国」という名の通りの街並みですね。

 

街を染める青色については諸説ありますのでいくつか紹介します。

  • ユダヤ教に由来する説
    シャウエンにはかつてレコンキスタによってイベリア半島から追われた
    イスラム教徒やユダヤ人が定住するようになりました。
    移り住むようになったユダヤ人たちがユダヤ教にとって天や神を示す神聖な色である青色に家屋を塗ったそうです。
  • ムスリムに由来する説
    先ほどのユダヤ教の説と似ていますが、
    移住してきたムスリム(イスラム教徒)がイスラム教にとって神聖な色である青色で街を塗ったそうです。
    100年ほど前までシャウエンはイスラム教の聖地として異教徒の立ち入りを禁止していたとか。

その他にも、

ジョードプルと同じように害虫駆除のために家屋を青色に塗ったという説や

強い日差しをやわらげるためという説もあります。

“ナオ”
“ナオ”

どの説もそこそこ説得力があるのでいったいどれが本当なのか気になりますね。

アクセス

日本からはまずモロッコ最大の都市、カサブランカへ向かいます。

カサブランカから鉄道でフェズへ

または飛行機でタンジェへ移動してからバスやタクシーで向かいます。

どちらの町からも所要時間は約3~4時間ほどです。

個人旅行の移動についてはこちらのブログが参考になりました。
ノマド的節約術

シャウエンの泊まりたいホテル『カーサ ペルレータ』

シャウエンを訪れたら古い邸宅を改装した宿泊施設「リヤド」に泊まってみたいですね。

青色のリヤドでの宿泊はまるでおとぎの国の住人になったような気分を味わえそうです。

特に泊まってみたいのが、『カーサ ペルレータ』です!


カーサ ペルレータ

(トリップアドバイザー提供)

“ナオ”
“ナオ”

トリップアドバイザーのトラベラーズチョイスホテルアワードを受賞したこともある、旅行者に愛されているリヤドなんですよ。

カーサ ペルレータ
テラスからの夜景

(トリップアドバイザー提供)

シャウエンの街並みを一望できる青いテラスはお値段以上の価値がありますよね。

ここで優雅に朝食を食べたいです。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ジョードプルとシャウエン、東西のブルーシティーを紹介しました。

遠く離れた場所に同じような街が作られていたことは興味深いですよね。

記事作成にあたってジョードプルについて調べていたら、もうこれアラバスタだろって何度も思いました(笑)

ワンピースが好きな人は旅行してみてはどうでしょうか?

ジョードプルの街並み

 

青色に塗られた経緯はどうあれ青色の街並みが素晴らしい景観なのは間違いありません。

一度はぜひ訪れてみたいですね。